2015年12月17日

名阪Cで負ったダメージの修理

名阪Cでのダメージを修復していきます。

オイルクーラーが悲惨なことに。。





ホースは少し圧力をかけて水を流してみましたが、使用できそう?
こればかりは付けてみないと分かりません。



これは名阪でのダメージではなく、元からです。
サイドミラーがグラグラだったので、外してみたら割れてました。




サイドミラーごと交換します。
スピーカー周りが腐って?ボロボロ。
オーディオレスなのでスピーカーは外しました。



某オークションで入手したミラー。



動作確認も問題ありませんでした。



では問題の箇所。(ライト類を外した状態)



バンパーを外しました。



新しいバンパーを購入しました。
ORIGINのRacing Line。
因みに、運送会社の営業所止めだったので、この車の状態で取りに行きました。

取り付けは割愛しますが、フィッティングが。。
ということで、取り付け部分を大胆に割ってタイラップ留めです。



インタークーラーのコアも随分痛んでます。(一部は以前からのもの)



ホースメントも若干曲がってます。



破損したシリコンホースをスロットル部分に使用してました。




パイピング外した途端、大量の水が。。



パイピングをバイスプライヤー等で曲げて、
無理やりシリコンホースを突っ込んでました。




新しく届いたパイピングとその他ストック用の部品。



パイピング交換。



交換後に試運転をしてみたところ、ブーストがかからん!
2次エア吸ってる?
原因は下図の赤枠部分?



よくよく交換したパイピングを見比べてみたところ、
形状が異なることに気がついた。
どおりでパイピングのフィッティングがしっくりこなかったはず。



当該インタークーラーはHPIのEVOLUTION Uで、
パイピングはHPIから直接購入したもの。
HPIさんに事情を説明したところ、パイピングの仕様が変更されており、
サージタンク側のパイピングも要変更とのこと。

ということで、購入しました。



既存のパイピング。




大分変わっとる。。(左:旧 右:新)



新しいパイピングに交換。





試運転をしてきたところ、ブーストはかかるようになりました。
が、ブーストのかかりが悪い?
ちょっと様子を見てみようと思います。





posted by U-$ke at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。