2015年09月27日

ボンネットダクト雨対策

ボンネットのダクト下にデスビがあったりと、
雨天時の対策が必要なわけですが、
以外と情報が少ない。。

とりあえず、ダクト下にトレーのようなものを設け、
排水する方向へ。

排水用に色々と揃えてみました。



こちらを採用。



エキマニ横の遮熱板製作で余ったアルミ板とリベットでトレーを作ってみました。




ここから排水。
※穴は後ほど綺麗に開け直しました。



裏側。



ボンネット裏にステーをリベット留め。




この状態で暫く様子を見たのですが、
左右の勾配があまりないため、排水口のない側に雨が残ります。
それに大雨などを想定すると、もう少し面積を広げたいところ。



ということで、再度、型作り。




作り直そうと思いましたが、
材料がモッタイナイので、既存トレーを拡張。




いつもながら適当です。

この形に収まりました。






ボンネットを閉めるときに、
ホースを緑のワッカに通して、ベルト類に干渉しないようにしました。





外側から。



勾配をつけているので、排水口側に流れるはず。。(未確認です)



試運転をしたところ、特に異音などは無し。
問題なさそうです。

大分ダクトが塞がった感があり、
エンジンルーム高温対策に買ったはずのボンネットが。。
本末転倒な気が。。



この前、水谷自動車の社長に雨対策どうしてるか聞いたら、
雨気にするの嫌だったので、ダクト無しで、ここ(下図)から排熱するやつにしたとのこと。

その情報、ボンネット購入前に聞きたかった。。



前回、燃料ホースを交換してから4ヶ月。
※因みに、ここ1ヶ月
車動かしてません。

ランマックスのホースはこんな状態です。
ということで純正ホースをオーダーしました。



そういえば、ボンネットのクリア吹きがまだ途中でした。





posted by U-$ke at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。