2015年05月22日

アイドリング不安定&ブレーキング時にエンスト

【症状】
・突然、ブレーキング時にエンストするようになった
・アイドリング時に軽いノッキングあり
・アイドリング時にアクセル煽ると回転数が上がってから、すとーんと落ち、エンスト、もしくはしそうになる
・エンジンが吹けない

最初にエンストした直後は軽くハンチングしていたので、
エンジンコンディショナーでAACバルブを清掃。

今回はインマニ外さず、AACバルブの調整ネジを外し、
外した穴からエンジンコンディショナー注入。
が、症状改善されず。

二次エアも問題なさそう。

【調査】
燃圧は問題ないことを確認。

その他、ざっと浮かぶ原因箇所
・エアフロ周り
・クラセン
・パワトラ
・ダイレクトイグニッション
・ECU

まずはエアフロセンサー清掃。
いつもはエレクトロニッククリーナーを使用するんですが、
今回はエアフロクリーンをチョイス。



禁断の乾式エアクリ洗浄。
あまり泡立ってない。。(マジックリンなかったので類似品で代用)
この後、2日間陰干ししました。



プラグ。めっさ真っ黒でした。
※かぶってはいなく、くすぶってました。

画像はエンジンコンディショナーを1,2度吹き付けた後の状態。



エンジンコンディショナーって臭いですよね〜。
嫁から苦情が。。



プラグ、及びエアクリ、エアフロを元に戻して、



まずは久しぶりにコンサルト診断。



Grid Data Scanの故障診断結果。
問題ありません。



モニタリング。
異常なし。



次は別のソフトウェア。
Nissan Data Scanの診断結果も異常なし。



モニタリング。



暖気前のアイドリング時の診断ですが、
症状も改善され、アイドリングは安定していました。
(症状は暖気前から確認できたので)

ある程度、走行してみないと完全に解決したとは断定できないので、
次は試運転がてらデータロギングしてみようと思います。

【結果(暫定)】
ブローバイによる汚れが気になっていたので、
やはりエアフロの汚れが原因だったのかもしれません。
ということで、近日中にオイルキャッチタンクを導入予定。





posted by U-$ke at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。