2015年05月06日

メーターバルブ交換

4日不動でバッテリーあがりました。

暗電流は50mAと問題なし。

とりあえず、エンジン停止状態でバッテリー繋ぐと・・



毎1, 2秒に0.01Vずつ電圧が低下していく。



エンジン掛けると相変わらず電圧は低下傾向。
オルタネーターの電圧は問題なかったので、回転数を上げると電圧は少しずつ上がる。



サイドを下ろしておくと、電圧の急激な低下がなくなることが判明。
ググってみたら、バルブ切れが原因かも。。
ということで、調べたら案の定、ACC ON時にチャージランプが点灯していない。
※下図はACC OFF状態



チャージランプをチェックしてみる。



切れているのか、判断つかず。



他のバルブもチェックしてみた。
14V 3.4Wと1.4Wが主に使われている。





こうてきました。
3.4Wは12Vしかなかったけど、大丈夫でしょう。
後はスピードメーターとタコメーター付近用にカラーバルブも入手。
5Wで熱持つという事例もありますが、
前の13シルビアのときも特に問題なかったので入れます。(ちょっと様子見)



交換完了。



ACC ONでチャージランプ付きました。



エンジン始動、消えました。
バッテリー電圧も問題なし。



ついでに、
車内に予備のホースバンドとリレー、ヒューズを補充。



フクピカで拭いて、完了!
ちゃんとした洗車をする日は来るのでしょうか。。





posted by U-$ke at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。