2015年04月12日

テンションブラケット交換

テンションブラケットが曲がってる。
多分、縁石乗った時?のものかと。。

街乗りレベルで、以前より微妙に挙動がおかしいような気もしないでもない。
が、どちらかというとサイドメンバー損傷の影響かと思いますが、
とりあえず、気になったのでブラケット交換します。
※そのうちサイドメンバーも修復しようかと。。




バイスプライヤーでちょっと曲げてみた。



オークションで購入。
すぐ届きました。因みに落札価格は3,000円(送料別)。



早速、作業です。
外すのは、ラジエーター下辺りのボルト2つ。



そして、スタビのブラケット部分のボルト2つ。



前オーナーの仕業か?
ナットなめてるし。



まずはテンションロッドを外します。



ラジエーター下のボルト2つと、
スタビブラケットのボルト2つを外します。



テンションロッドを外して現れるボルト、これを外す。



テンションブラケットがスタビに押し付けられているので、
念のため、スタビを緩めました。





下が外したほうです。



購入したほうにも擦り傷があるし。。




逆プロセスでテンションブラケットを取り付けます。



そして、テンションロッドを戻すわけですが、
ディープソケットがなかったりします。

そういう時はちょっと荒技で対応。
長さを延長したので、トルク値が変わります。
計算式はググってくださいね。

110nm * 360mm / (360mm+270mm)
= 39600 / 630 = 62.857

ということで、63nmで締めました。



なんか車高調のロックシート締める時みたい。



ブラケット側を締めて完了。





posted by U-$ke at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 足周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。