2014年12月07日

クラッチパイプラインのショートカットとフルード交換

先日OHしたマスターシリンダーを取り付けます。



オペシリのピストンと接触する箇所にモリブデングリスを塗布し、



オペシリを取り付けます。



フルードを入れてみました。

オペシリの動きは大分マシになりました。



が、まだペダルが戻ってきません。
エア抜きが不十分なんでしょうね。



以前、同様の作業したときは特に問題はなかったのですが・・。
どうやら分岐管周りのエアが抜ききれてないのでせう。
※分岐管はエアが残ることで有名だとか。

ということで、マスターシリンダーからの配管とオペシリのホースを直接繋げることにします。
クラッチのフィーリングがよりダイレクトになるらしいです。
エア抜き箇所がオペシリのみになるというのもメリットの一つですね。



まず配管を外しませう。




作業の邪魔になるので、分岐管周りを外しました。



マスターシリンダーからの配管を180度曲げます。

はじめはウエスを充て、プライヤー的なもので曲げてましたが、
配管に傷がつくので、手作業に変更。
以外と曲がるもんです。



フルードを入れて、完了。
無事、エアも抜け、ペダルも正常状態に戻りました。





posted by U-$ke at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。