2014年10月26日

チャージランプ問題解決

見事にオルタのヒューズが切れてました。



ヒューズのストック。
タイプが異なりますね。



左:取り外したオルタネータ(前愛車で短期間使用していたリビルド品)
右:ストック(元々、現車輌に付いていた)



ストック品に付いていて。



取り外したオルタネータに付いていないもの。

そうなんです。
正式名称はわかりませんが、ターミナルインシュレーター?
B端子はこのボルトにつなぎますが、ケースとは接触してはマズいそうです。
そのため、こいつが付いているわけです。

これをかまさずに端子をつないていたため、ヒューズが飛んだわけです。
どうやらオイルクーラーのホース交換時に破損したようです。



ストックのオルタネータから外したいんですが、
手元のソケットが入りません。
何かしらで外せそうですが、無傷とはいかなそう?です。

因みに、日産純正部品注文時にはこの部品はないと言われました。
「町の電子部品屋さんあたりに売ってるよ」とのことだったので、
会社帰りにでんでんタウン行ってきましたが、入手に至らず。
(あまり探す時間なかったし。。)

ということで、いつものように。
こいつらに頼ります。



今回は念のため、プラスチック用を選択。
とりあえず、オリジナルの大きさくらいの球体に。



柔いんで、ナイフで加工しました。
相変わらず適当です。



ケースに合わせ、足も付けてみました。
足はケースで型取りしましたよ。



因みに手元の12ミリソケットが入るようにしました。



オルタに装着。



ストックはあったんですが、
一応、新品を2つほど注文。



さて取り付けます。



取り付け。



ピンク枠部分がB端子。



ベルト調整。



新しいヒューズをセット。



チャージランプが無事消えました。

(クーラントのエア抜きで)30分ほどアイドリングしていましたが、
特に問題はありませんでした。

実際、走行して確認することは現状できないので。。
様子見といったところでしょうか。





posted by U-$ke at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。