2014年10月18日

フラッシング+エンジンオイル交換

まずフラッシング。
長期間放っておいた車輌には効果あり?でしょうか。

オイル入れたら、パラパラきました。
台風来るいうてるけど、晴れてるやん。
と作業を開始して30分も経たぬうちに土砂降り。



1週間後。

ストック品。



めっさ汚れてます。



エンジンオイル交換後

入れ過ぎました。(後から別けました)



それより写ってませんが、チャージランプが点いてる!
バッテリーマイナス端子外したらエンジン止まった!!
オルタネータっすね。

オイルクーラー周りの作業時に配線繋ぎ忘れたか、
そもそも本体がダメか?

因みに既存のものはリビルド品で3,000kmも走ってません
(4年以上もまともに動かしてませんでしたが・・)。

ストックは一つありますが、ストックも古いんでリビルド品かな。
動作確認後に考えます。



デフオイル交換しようと思ったら、
フィラーは開いたが、ドレンが開きません。

いつも1/2スピナー+鉄パイプなんですが、ナメそうです。
前オーナーさん二重の意味であかんですよ。

そういえば、この車輌でデフオイル交換するの多分はじめて。
(走行会1回行ったきりですから。。)



ミッションのドレンボルト。
触るまでもないです。
1/2スピナー卒業して、ドレンプラグソケット買ってきます。

相変わらず、やる気が削がれます。





posted by U-$ke at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。