2014年10月13日

アウトレット〜触媒交換

前もって、こいつを吹き付けておきます。




が、やはりここらには効果がありません。
レンチもすぐ"なめるモード"に入りますし、
ナットも再利用できる状態ではないので、端からトルネードソケットを使いました。



固着しすぎていて、ナットを外しているはずが、
2本はスタッドボルトも一緒に外れました。

内1本は根本がアウトレットに少し残ってしまった。(中央)
後からスタッフが美味しくいただきました。
ではなくて、バーナーで軽く炙り、ペンチで除去しました。



フロントパイプ+触媒一体パイプが外れました。



アウトレットに残留しているスタッドボルトを外します。
久しぶりにダブルナット、が・・全く歯がたたない。



妙案が浮かぶまで、タップでねじを切り直し。




つけ置きサビアウトは無駄な抵抗でした。



ダイスでねじ切り直し。
これで妥協。。



できませんでした。
サンダーで先端を切り落とし。



恐る恐る
2mm->4mm->6.5mmの順で穴あけ。






トドメに8.5mm。
後にバーナーで炙り、ペンチで除去。



そして、スタッドボルトを取り付けます。
そういえば、これ在ったの忘れていました。



1本はスタッドボルトインストーラーで入れましたが、
このケースではダブルナットの方が自分的にはやりやすかった。



完成。
※ネジロック剤を付けたほうがいいと思います。




タービン-アウトレット間のガスケット。



純正部品群。
既に使用したものも写っていますが、今回関係する部品は、

・14064-N420A - スタッドボルト(アウトレット-Fパイプ間)x3 - 744円
・20602-41G0A - ナット(アウトレット-Fパイプ間) x3 - 390円
・14432-0B700 - ナット(タービン-アウトレット間) x2 - 604円
・14434-V0301 - ボルト(タービン-アウトレット間) x3 - 1,392円

ボルト、ナットはホームセンターで適当なものを探す予定でしたが、
面倒だったので、他の部品の注文ついでに含めたら。。
予想以上に高くついてしまいました。



その他ガスケット。



塗り直した純正フロントパイプと触媒。



アウトレット装着。
狭くて締めるの大変ですよね。




フロントパイプと、



触媒を取り付けて完了。

排気温度センサーはまだ繋がっていなかったりします。
因みに触媒の遮熱板は無くても車検は問題ないそうなので付けませんでした。





posted by U-$ke at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。