2010年06月08日

自作?ウォッシャータンク取り付け - スイッチ製作編 -

ワイパーモーターへの配線ですが、
今回は既存の線を使わないので新規に設けます。

以前何となく購入したプッシュスイッチが役に立つ日が来ました。
あとはリレーが必要になりますね。



プッシュスイッチの取り付けですが、
適当な場所に穴をあけ、スイッチを差し込み、
裏からナットで締める。
というのがスタンダードな取り付け方です。



プッシュスイッチにマッチするナットをストックから探しました。



100円ショップで購入したプチホールソーで、



こいつに穴をあけました。



こんな感じでスイッチが付く予定だったのですが、



ナットのサイズの問題でこのようになりました。
お決まりのエポキシパテです。



あとは塗装して完了。



適当なサイズの配線を用意。
近所のホームセンターにシングルの在庫がなかったため、
ダブルコード。



リレーとヒューズホルダー。
リレーのパッケージ裏に配線例が記載されているので、
配線については説明を割愛させて頂きます。



今回は純正のウォッシャーモーターを使用しないので
参考になりませんが、念のため確認してみました。



プッシュスイッチはこのように取り付けられました。






posted by U-$ke at 22:14 | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。