2010年03月06日

バッテリーフレーム

前置IC付けるとパイピングの関係で、バッテリーの配置が換わる。

ということは、
元々のバッテリーフレーム取り付け用の穴などは役立たずに。

これまでバッテリーは、お決まりのタイラップ止めだったんですが、
(車検も近いし)いい加減にちゃんと固定しようと重い腰をあげました。

バッテリーフレームは何気に高いし、
家は貧乏だし、安価に済ませられないかと
普段使わない脳に指令を出したところ、
以下の様になりました。

まず、現在のバッテリー位置に合わせて穴を開けて。



はい、完成です。

スタッドボルトとステーで固定してみました。



やはりスタッドボルトは失敗だったような気がします。



締り具合は問題なさそうですが・・・。

赤い配線はそのうち綺麗にします。






posted by U-$ke at 03:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。