2009年08月22日

タイヤ手組 - 着の章

装着するタイヤです。



装着するホイールのリムにビードクリームを塗ります。



ホイールと干渉するビード部分にも塗ります。



準備が整ったら、
寝かせたホイールにタイヤを押し付けるようにします。
これで半分以上入ってしまいます。



残りをタイヤレバーを駆使し、入れていきます。
ここでもタイヤに体重をかけながらがポイント。



あと少し



片面完了です。



続いて別面ですが、
その前にエアバルブの位置を合わせましょう。



タイヤとホイール両方の干渉するであろう箇所に
ビードクリームを塗ります。



体重だけで半分入っちゃいました。



最後の一メクリのために
予めタイヤレバーを1本入れておくとよいそうです。



複数のタイヤレバーを駆使し、



最後の一メクリ。



完了です。
ちなみにタイヤは旧モデルのネオバでした。



今回は計4本組みました。
タイヤはすべてネオバで、ホイールは普通のものが2本、
そしてもう2本はリバースホイールです。

デザインにもよるんでしょうが、
リバースホイールの方が時間が掛かった気がしました。

兎に角、あとはコンプレッサーでエアを入れるだけです。







posted by U-$ke at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイヤ・ホイール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。