2009年06月04日

CLIFFORD AvantGuard 5.1 - 結線は金曜日

いよいよ決戦ならぬ結線です。

前回はバッ直し、常時電源をつなぎました。
今回は常時電源以外をすべてつなぎます。
簡単な配線は割愛し、主要部分だけをピックアップします。


【H1 primary harness】



H1/7 (-) Trunk Trigger Input

トランク内のランプをトリガーとしました。




画像はありませんが、4極リレーをかましてます。


H1/9 (-) Door Trigger Input

まず、作業効率を上げるため、ステアリングを取りました。



ネットで調べるとドアトリガーがどこにあるのか
ご丁寧に一覧となっています。
『ドアトリガー 180sx』でググると早いです。

場所はメーターの裏側です。
配線の色まで記載されてました。

画像にあるカプラーの左下がドアトリガー。



トリガー極性が(-)なので、
ドアが閉まっている状態時に通電し、



ドアを開けるとアースに落ちます。



H1/15 Domelight Supervision Output

ルームランプのトリガーに接続。
エレクトロタップは使いたくないんですが、細い既存配線には有効です。
この後、絶縁テープで絶縁しました。



【H2 secondary harness】



H2/1〜6 door lock connection

ドアロック回路のタイプがA〜Hの8種類あるそうです。
13系は後期のRPS13を除き、type Dだと思います。

ちなみに説明書のtype Dの配線図は、配線色と番号が間違ってます。


H2/11 Brake Light Input/Output

ブレーキペダルの上部にブレーキのトリガーがあります。



H3, H4 harnessは使用しません。
リモートスタート機能はMT車では危険だそうです。

とりあえず完了です。
一応動いていますが、動作確認をもう少し行う予定です。
CliffNet Wizardも購入したので
色々と設定したいと思います。


【問題点】


・バッテリー上がりの可能性
 普段、街乗りをあまりしない私の場合、
 多分、あっとゆう間に上がります。
 今まで通り、バッテリー端子外す?
 いやいや、セキュリティの意味が無くなっちゃうよね。
 暗電流を調べてから対策を考えます。

・リモートスタート機能が使えない
 というよりバッテリー電圧を監視し、
 バッテリーが上がる前に自動でエンジンを始動し、
 蓄電してくれる機能があるらしいが、
 リモートスタート機能が使えないため、この機能も使えない?







posted by U-$ke at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | カーセキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。