2009年04月23日

CLIFFORD AvantGuard 5.1 - センサー類の取り付け

重い腰を上げて、
センサー類の取り付け開始。

工夫して効果的な場所に取り付けましょう。

(1) 515C スマートセルフパワードサイレン
エンジンルーム内の高熱にならない場所が定番でしょうか。
以下の画像はサイレンの配線を室内に引き入れたところ。



(2) コントロールモジュール
さて、どこに取り付けましょう?
勿論見えない場所に取り付けました。


(3) インテリスタート4
未使用。


(4) アンテナレシーバー
説明書にはフロントガラス中央上部がベストポジションだと
書いてあるが、同じ場所にETCのアンテナがある。

確か、ETCアンテナの周り何十センチの範囲に別のアンテナを
設置するとマズかったはず。

ということで、アンテナはAピラー内に設置。



ちなみにタイヤレバー小は『内張りはがし』の代わりになります。
節約節約、『内張りはがし』は何気に高いし。



(5) バレイスイッチ
セキュリティを強制解除するヤツですね。
運転席から届く場所とあるので、
運転席から届き、且つわかりにくいところに付けました。


(6) オムニセンサー
理想の取り付け場所は、
助手席付近か車内とエンジンルームの仕切り部分などで、
センサーに書かれている『UP』が垂直に上を向くように
ボディの金属部分に取り付けないといけないらしい。

とりあえず適当な場所に取り付けました。


(7) 507M デジタル傾斜センサー
車に対し、45度以内でなるべく水平な場所に取り付ける。
センサーは文字が書かれている面が上にくるようにする。
理想的な取り付け場所は車内のフロア。

仰せの通りに。


(8) 905311 プロキシミティセンサー
車内の天井がベストポジション。
なるべく車の中心がいいらしい。

天井が無理なら低い位置、またはセンターコンソール辺りでも
いいらしいが、センサーの効果が落ちる可能性が。

ちなみに、ボディなどの金属部分にセンサーを取り付けてはいけない。

取り付け場所は考え中です。


(9) ボンネットスイッチ
説明書に取り付けに関して全く記載がないんですが、
ボンネットを閉めるときにボンネットが
スイッチを押し沈める様に取り付ければいいみたい。
いい場所が中々ありませんね。
動作確認は追々。


(10) LED
車外から見えやすい場所に取り付ければいいんですね。

フロントガラスが邪魔で垂直にドリルで穴あけは厳しく、
こんなことになっちゃいました。
勿論、後で誤魔化します。



(11) 配線の整理
使わない線だけラベルを貼ります。
ラベルが逆の様な・・・。



大体のセンサー取り付け完了。


次の作業は配線探しです。






posted by U-$ke at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | カーセキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。