2009年01月14日

右フロントフェンダー内の配線引き直し part.02

昨日の続きです。
配線のルートは



こういって



ここ通って



こういって



こんな感じ。



ですが、案の定、室内側から確認したところ、明らかに長さが足りない。
よって、フェンダーに沿ったルートにしてみます。
引き直すの面倒なので、タワーバー外して配線を外側に



この様に。
で、試しにボンネットを閉めたところ



ほらね、やっぱり。



クーラントリザーバータンク取っ払おうと思いましたが、
それは止めて、このルートに変更。



コルゲートチューブの位置を変更。



ここまで



室内に戻った配線群。



こいつが問題になります。



先に上に配線を通してステアリング周りに付いていた
カプラーをすべて差し込みます。



残りは、このでかいカプラーと普通のカプラー2つ(青と黒)。



でかいやつから攻めます。
やはり配線が届かない!
なのでメスの方を外してバルクヘッド側に引っ張ります。



何とか入りました。
が、ギチギチです。
あと残りのカプラーですが、青は簡単に入ります。
黒はメスがデカカプラーにぴったり付いた状態なんですが、
デカカプラーの配線が邪魔になり、簡単に付いてくれません。
何とかデカカプラーの配線をうまくよけ、入りました。

これはリザーバータンク取っ払った方がいいかも。



で、最後に昨日買ってきたガソリンを入れて、
はい、無事にエンジンが掛りました。







posted by U-$ke at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電装周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。