2008年11月16日

足周り移植

最近、前愛車のパーツを現愛車に移植しているわけですが、
今回は足周りです。

TEIN TYPE FLEX


CUSCO ピロテンションロッド


TEIN強化タイロッドとタイロッドエンド


メーカ不明の車高調を外して、


TEINに交換。


メーカー不明のピロテンションロッドをCUSCO製に交換。
(若干CUSCOの方が太かったので)


次はタイロッド。


と思ったら、
タイロッドエンドリムーバーがへたっていたので?


後日、これを購入。


で、外そうと思ったら・・。


え〜〜っ!!!


原因はこれ!
最初からおかしいとは思っていたが・・。
タイロッドエンドのボルト先の角度が〜!!


暗くなるの早っ!


今回外したメーカー不明の車高調


これまたメーカー不明のテンションロッド。


翌日。
なんでこんなになってるの?


ガレージ無いって不便ですね。
エンジン掛けながらは嫌だし、
このバッテリーもう使えないし。(前置きICのおかげで)


ちょっと先端を平らにするだけ・・。


我ながら不器用。
でもさっきよりはマシでしょ?


外れろ〜!


外れろ〜〜!!


外れろ〜〜〜!!!
なんで車体が持ち上がんねん!?
オマケにジャッキおかしくなるし・・


逆(左側)はあっさり外れた。
それにしてもこれって・・?


タイロッドエンドのストックはあるからいいけど。
とりあえず右側ハズさな〜・・。
次回に続く。






posted by U-$ke at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 足周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。