2008年11月13日

燃料フィルターとレギュレータープレッシャー交換

以下は純正の燃料フィルターです。



前の車で使用していたZ32用の燃料フィルターが
交換後間もなかったので、後に取り付ける燃圧計のセンサーと一緒に移植します。
ちなみにZ32用のフィルターが流用できるという情報は
T&Q
さんで得ました。
昔からチューニング講座やQ&A掲示板でお世話になっております。
予断ですが、Mixiのコミュニティへ参加させて頂いており、
この前、ステッカーを頂きました。



話は戻りますが、
車の年式が年式なだけに、燃料系は交換するに越したことはないですね。
フィルターのつまりでアイドリング不調とかになりますから。

燃料ホースはセンサー部分の影響で
クリアランスが確保できなかったため、このようになってます。



が、フィルター上部のホースの曲がりが非常に危険なので
以下のようにしてみました。
燃圧計センサーのジョイントがまともなら
こんなことにはならなかったのに・・・。



次は純正の燃料レギュレータープレッシャーを交換します。



NISMOの可変式燃料レギュレータープレッシャーに交換しました。
これまた前の車からの移植です。
調整する日が来るのかは分かりません。



ちなみに燃圧計はまだ付けてません。
車内での作業は、そのうちETCなどと同時に行う予定です。

燃料ポンプも交換したかったんですが、
Oリングがないので、今回は保留。






posted by U-$ke at 04:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 燃料周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。