2015年05月30日

エアフロ掃除後の試運転

エアフロ周りお掃除後、初の試運転。

短時間でしたが、暖気後も特に問題はありませんでした。
(もう少し走ってみないとわかりませんが・・。)

それよりもガソリンメーター見てビックリ!
満タンにしてから、20km弱しか乗ってませんが、減り過ぎでしょ。

エアフロの汚れで燃調が狂い、濃い目に吹いちゃってたのでせう。
プラグのくすぶり具合にも納得できます。

とりあえず、エアフロクリーンとエンジンコンディショナーを車に常備するようになったことは言うまでもありません。

色々な不具合のお陰で出費が嵩み、6月の名阪ほぼ絶望的(T . T)





posted by U-$ke at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

燃料ホース&フィルター交換

水谷自動車で燃料ホース購入。



使用していたものと全く同じものです。(ランマックス)
が、触り比べたら全然別物。
水谷自動車で購入したものは弾力があり、
私の購入したものは、弾力なく硬め。硬化している?

どちらのホースも約半年前くらいに仕入れていますが、
たまたま私のところには製造年月が古いものが送られてきたのか?
・・・謎です。



現在、車輌に付いているものと同じZ32の燃料フィルター。
8年も交換していないので、ついでに交換します。




まず燃料タンク側からホース交換。




エンジンルーム側です。
新しいフィルターも装着。



でもって、不安なので燃料ホースにコルゲートチューブを巻いてみました。

勿論、頻繁にホースをチェックし、
また短期間でひび割れするようであれば、純正ホースに戻す予定です。
(最初から純正にしておけばよかった。。)




posted by U-$ke at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 燃料周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

オイルキャッチタンク取付

水谷自動車に燃料ホース買いにいったときに、オイルキャッチタンクの話したら、
これを安く譲ってもらいました。



ここしか場所確保できませんでした。

エキマニ近いですが、隣のパワトラも頑張っているので大丈夫でしょう。。
というか遮熱板ほしい。



いつものようにステーで強引に固定しました。



耐油・耐熱ホース、名称忘れました。キノクニのやつです。
1m 1,800円は驚いた!
2m購入。
もう6月、名阪行けないかも(T . T)



ホースバンドは暫定です。
次回オイル排出時にちゃんとしたバンドに交換予定。



ブローバイ配管からのホースの様子。



サクションに戻してます。



ホースは、なるべくエキマニから離さないといけませんね。



クラセン保護のため、ホースに耐熱テープを巻いてみました。



エキマニ近いんで、こちらもテープを巻きました。
やっぱり遮熱板要るでしょ。。

これでエアフロの汚れが軽減されることを期待します。




posted by U-$ke at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

吸気系洗浄と耐熱処理と油温計

前回、エアフロ周りをお掃除したので、
今回はサクションホースとブローバイホースを洗浄。




今更ながら耐熱処理。
とりあえずテープ高過ぎ。。(1,300円くらい)



エアフロセンサーの配線。
ここはそこまで高温にはならないと思いますが、気持ちね。



O2センサーの配線。
車検時にアウトレット交換予定だったので、剥がしたままでした。



再度エンジンコンディショナーの出番です。

先週も実施したんですが、もう一度、AACバルブ洗浄。



次にスロットルバルブから。
マフラーから白煙とかでなかったし。



それより事件です。
全く気づきませんでしたが、燃料ホースがひび割れまくってる!

交換して半年ちょっとしか経ってませんが。。





コルゲートチューブの内側は、



ひび割れなし。



燃料タンク側を確認。
一見ひび割れなさそうと思いきや、




ポンプ付近のホースにひび割れ確認。

ラン・マックス 耐ガソリン・耐油・耐圧ゴムホースですけど。。
原因不明。
原因追求と要交換。



最後に、油温計が動いていないのでチェック。
配線、センサー共に問題なさそう。

とメーターをよく見たら、
そもそも針の位置おかしくね〜?



AAC ONで針は動くが、そこから時計回りには回れません。



腹たってきたので、強引にメーター開けて針の位置を戻し、エンジン始動。



ちゃんと動いてます。
何故、針の位置がおかしな位置になっていたのかは不明です。



posted by U-$ke at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

アイドリング不安定&ブレーキング時にエンスト

【症状】
・突然、ブレーキング時にエンストするようになった
・アイドリング時に軽いノッキングあり
・アイドリング時にアクセル煽ると回転数が上がってから、すとーんと落ち、エンスト、もしくはしそうになる
・エンジンが吹けない

最初にエンストした直後は軽くハンチングしていたので、
エンジンコンディショナーでAACバルブを清掃。

今回はインマニ外さず、AACバルブの調整ネジを外し、
外した穴からエンジンコンディショナー注入。
が、症状改善されず。

二次エアも問題なさそう。

【調査】
燃圧は問題ないことを確認。

その他、ざっと浮かぶ原因箇所
・エアフロ周り
・クラセン
・パワトラ
・ダイレクトイグニッション
・ECU

まずはエアフロセンサー清掃。
いつもはエレクトロニッククリーナーを使用するんですが、
今回はエアフロクリーンをチョイス。



禁断の乾式エアクリ洗浄。
あまり泡立ってない。。(マジックリンなかったので類似品で代用)
この後、2日間陰干ししました。



プラグ。めっさ真っ黒でした。
※かぶってはいなく、くすぶってました。

画像はエンジンコンディショナーを1,2度吹き付けた後の状態。



エンジンコンディショナーって臭いですよね〜。
嫁から苦情が。。



プラグ、及びエアクリ、エアフロを元に戻して、



まずは久しぶりにコンサルト診断。



Grid Data Scanの故障診断結果。
問題ありません。



モニタリング。
異常なし。



次は別のソフトウェア。
Nissan Data Scanの診断結果も異常なし。



モニタリング。



暖気前のアイドリング時の診断ですが、
症状も改善され、アイドリングは安定していました。
(症状は暖気前から確認できたので)

ある程度、走行してみないと完全に解決したとは断定できないので、
次は試運転がてらデータロギングしてみようと思います。

【結果(暫定)】
ブローバイによる汚れが気になっていたので、
やはりエアフロの汚れが原因だったのかもしれません。
ということで、近日中にオイルキャッチタンクを導入予定。



posted by U-$ke at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

メーターバルブ交換

4日不動でバッテリーあがりました。

暗電流は50mAと問題なし。

とりあえず、エンジン停止状態でバッテリー繋ぐと・・



毎1, 2秒に0.01Vずつ電圧が低下していく。



エンジン掛けると相変わらず電圧は低下傾向。
オルタネーターの電圧は問題なかったので、回転数を上げると電圧は少しずつ上がる。



サイドを下ろしておくと、電圧の急激な低下がなくなることが判明。
ググってみたら、バルブ切れが原因かも。。
ということで、調べたら案の定、ACC ON時にチャージランプが点灯していない。
※下図はACC OFF状態



チャージランプをチェックしてみる。



切れているのか、判断つかず。



他のバルブもチェックしてみた。
14V 3.4Wと1.4Wが主に使われている。





こうてきました。
3.4Wは12Vしかなかったけど、大丈夫でしょう。
後はスピードメーターとタコメーター付近用にカラーバルブも入手。
5Wで熱持つという事例もありますが、
前の13シルビアのときも特に問題なかったので入れます。(ちょっと様子見)



交換完了。



ACC ONでチャージランプ付きました。



エンジン始動、消えました。
バッテリー電圧も問題なし。



ついでに、
車内に予備のホースバンドとリレー、ヒューズを補充。



フクピカで拭いて、完了!
ちゃんとした洗車をする日は来るのでしょうか。。



posted by U-$ke at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。