2014年10月26日

チャージランプ問題解決

見事にオルタのヒューズが切れてました。



ヒューズのストック。
タイプが異なりますね。



左:取り外したオルタネータ(前愛車で短期間使用していたリビルド品)
右:ストック(元々、現車輌に付いていた)



ストック品に付いていて。



取り外したオルタネータに付いていないもの。

そうなんです。
正式名称はわかりませんが、ターミナルインシュレーター?
B端子はこのボルトにつなぎますが、ケースとは接触してはマズいそうです。
そのため、こいつが付いているわけです。

これをかまさずに端子をつないていたため、ヒューズが飛んだわけです。
どうやらオイルクーラーのホース交換時に破損したようです。



ストックのオルタネータから外したいんですが、
手元のソケットが入りません。
何かしらで外せそうですが、無傷とはいかなそう?です。

因みに、日産純正部品注文時にはこの部品はないと言われました。
「町の電子部品屋さんあたりに売ってるよ」とのことだったので、
会社帰りにでんでんタウン行ってきましたが、入手に至らず。
(あまり探す時間なかったし。。)

ということで、いつものように。
こいつらに頼ります。



今回は念のため、プラスチック用を選択。
とりあえず、オリジナルの大きさくらいの球体に。



柔いんで、ナイフで加工しました。
相変わらず適当です。



ケースに合わせ、足も付けてみました。
足はケースで型取りしましたよ。



因みに手元の12ミリソケットが入るようにしました。



オルタに装着。



ストックはあったんですが、
一応、新品を2つほど注文。



さて取り付けます。



取り付け。



ピンク枠部分がB端子。



ベルト調整。



新しいヒューズをセット。



チャージランプが無事消えました。

(クーラントのエア抜きで)30分ほどアイドリングしていましたが、
特に問題はありませんでした。

実際、走行して確認することは現状できないので。。
様子見といったところでしょうか。





posted by U-$ke at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラジエターホースとクーラント交換

アッパーとロアホースセット。
ついでなので交換します。



作業前にラジエターのドレンコックのストックがないことに気づき、
スーパーオートバックスまでひとっ走り。
ついでにマフラーのガスケットも入手。



アッパーホース。



ロアホース。



早速、クーラントを抜きます。



交換後のロアホース。



まず原液(30%希釈タイプ)を2L注入。



次に水を追加。



エア抜きボルト緩めて。(クーラント出てきたら締める)



新旧キャップ。



エンジン掛けて、エア抜き。

他の作業と同時並行で、
とりあえずアイドリング30分くらいしてたかも。

ヒーター全開。
あとは回転数上げてみたり。



リザーバータンクにも補充。



今回はじめて高給水性樹脂を使用してみました。
クーラントはきちんと廃棄しましょう。

「1gで水300ml以上を吸水」とあったんですが、
少し入れたくらいでは、何の変化もなし。

ドバッと入れたら凝固しはじめた。
これでうちの地域では燃えるゴミに出すことが可能に。



400gくらいは使ったんでは。。
まあ水ではないですからね。



外したホース。
年式相応ですね。



posted by U-$ke at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

ミッションオイル交換

排出完了。



フィラーが固くて開きません。

スピナーハンドルの角度が地面と垂直で、
現ポジションでは鉄パイプが使えません。
(短いパイプで緩まなかったし)

ということで、上から入れました。



近いうちに、メーターの配線整理をするのでこのままにします。



posted by U-$ke at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

デフオイル交換

ストレートさんまでひとっ走り行ってきました。
ドレンプラグソケットをGet。




早速。
当たり前ですが、ナメることなく緩みました。



排出完了。



いつもオイラーでチマチマやってるんですが、
最近?ネットで見かける、これ「ドリルポンプ」を使用してみます。




ドリル装着完了。



助手(息子)が最近手伝ってくれます。



注入。
溢れてきたら、フィラー閉めて完了です。



posted by U-$ke at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

フラッシング+エンジンオイル交換

まずフラッシング。
長期間放っておいた車輌には効果あり?でしょうか。

オイル入れたら、パラパラきました。
台風来るいうてるけど、晴れてるやん。
と作業を開始して30分も経たぬうちに土砂降り。



1週間後。

ストック品。



めっさ汚れてます。



エンジンオイル交換後

入れ過ぎました。(後から別けました)



それより写ってませんが、チャージランプが点いてる!
バッテリーマイナス端子外したらエンジン止まった!!
オルタネータっすね。

オイルクーラー周りの作業時に配線繋ぎ忘れたか、
そもそも本体がダメか?

因みに既存のものはリビルド品で3,000kmも走ってません
(4年以上もまともに動かしてませんでしたが・・)。

ストックは一つありますが、ストックも古いんでリビルド品かな。
動作確認後に考えます。



デフオイル交換しようと思ったら、
フィラーは開いたが、ドレンが開きません。

いつも1/2スピナー+鉄パイプなんですが、ナメそうです。
前オーナーさん二重の意味であかんですよ。

そういえば、この車輌でデフオイル交換するの多分はじめて。
(走行会1回行ったきりですから。。)



ミッションのドレンボルト。
触るまでもないです。
1/2スピナー卒業して、ドレンプラグソケット買ってきます。

相変わらず、やる気が削がれます。



posted by U-$ke at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

アウトレット〜触媒交換

前もって、こいつを吹き付けておきます。




が、やはりここらには効果がありません。
レンチもすぐ"なめるモード"に入りますし、
ナットも再利用できる状態ではないので、端からトルネードソケットを使いました。



固着しすぎていて、ナットを外しているはずが、
2本はスタッドボルトも一緒に外れました。

内1本は根本がアウトレットに少し残ってしまった。(中央)
後からスタッフが美味しくいただきました。
ではなくて、バーナーで軽く炙り、ペンチで除去しました。



フロントパイプ+触媒一体パイプが外れました。



アウトレットに残留しているスタッドボルトを外します。
久しぶりにダブルナット、が・・全く歯がたたない。



妙案が浮かぶまで、タップでねじを切り直し。




つけ置きサビアウトは無駄な抵抗でした。



ダイスでねじ切り直し。
これで妥協。。



できませんでした。
サンダーで先端を切り落とし。



恐る恐る
2mm->4mm->6.5mmの順で穴あけ。






トドメに8.5mm。
後にバーナーで炙り、ペンチで除去。



そして、スタッドボルトを取り付けます。
そういえば、これ在ったの忘れていました。



1本はスタッドボルトインストーラーで入れましたが、
このケースではダブルナットの方が自分的にはやりやすかった。



完成。
※ネジロック剤を付けたほうがいいと思います。




タービン-アウトレット間のガスケット。



純正部品群。
既に使用したものも写っていますが、今回関係する部品は、

・14064-N420A - スタッドボルト(アウトレット-Fパイプ間)x3 - 744円
・20602-41G0A - ナット(アウトレット-Fパイプ間) x3 - 390円
・14432-0B700 - ナット(タービン-アウトレット間) x2 - 604円
・14434-V0301 - ボルト(タービン-アウトレット間) x3 - 1,392円

ボルト、ナットはホームセンターで適当なものを探す予定でしたが、
面倒だったので、他の部品の注文ついでに含めたら。。
予想以上に高くついてしまいました。



その他ガスケット。



塗り直した純正フロントパイプと触媒。



アウトレット装着。
狭くて締めるの大変ですよね。




フロントパイプと、



触媒を取り付けて完了。

排気温度センサーはまだ繋がっていなかったりします。
因みに触媒の遮熱板は無くても車検は問題ないそうなので付けませんでした。



posted by U-$ke at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

燃料ホース交換

まず、できるだけホース内のガソリンを抜きます。

エンジン始動→ヒューズ抜く→エンジン停止。



エンジン始動→エンスト→数回クラッキング。



まずタンク側から交換します。
明らかにホースヘタってます。



とりあえず、交換対象は左2本。
もう1本は別の機会に。
専用の形状をしているので、純正部品がよいですかね。(高そう。。)



ラン・マックス 耐ガソリン・耐油・耐圧ゴムホース
(内径8.0mm x 外径13.8mm)。
3m用意しました。
1m 1,500円、送料税込みで6,500円くらいと少しお高いです。



"7.9MM"とありますね。
最大圧力は250PSI。



1本ずつ外し、同じ長さにホースを切り、取り付けの繰り返し。



タンク側は完了。



新旧Oリング(ポンプ上)。
純正部品 17342-01A00 - 907円



ホース繋ぐ前にOリングを交換しておきましょう。



今度はエンジンルーム側。



燃圧計のセンサー取付部分を適当な組み合わせで作ったため、
ホースがこんなことになっています。



2本共に取り外しました。




取り外した旧ホース。



ボケて見づらいですが、まあまあヒビ割れてます。




交換完了です。




posted by U-$ke at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

オイル類調達

ようやくオイルを調達できました。
水谷自動車でバラ売りしていただきました。

因みに中身と容器は全然異なります。

左から、
・ブレーキフルード - WAKO'S - 2L(1Lx2)
・エンジンオイル - ケンドル - 4L


・ミッションオイル - WAKO'S - 2.5L(1L x3)
・デフオイル - WAKO'S - 2L
・クーラント - WAKO'S - 2L



posted by U-$ke at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアアッパーリンク(後側)交換

リアです。



純正に交換しました。



posted by U-$ke at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EAI取り付け

ステー多用しすぎですかね。




前の車からだったか、忘れました。



オリジナルの位置はエキマニの上ですよね。
ここら辺に付けようか。



無理やり感が。。




コントロールソレノイドはデフォルトの位置。
とりあえず、ここまで。





posted by U-$ke at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。