2009年10月22日

ハブボルト交換(番外編)

フロントはキャリパーをS15用にしているので、
ワイドトレッドスペーサー(以降、ワイトレ)を付けないと
持っているほとんどのホイールがキャリパーに干渉します。

そのワイトレですが、ボルト1本が逝ってしまっています。
まずは簡単に掃除します。パーツクリーナー吹きかけて、



洗浄ブラシで鉄カスなどを掃います。



これが交換対象のボルトです。
ネジ山が一本無くなってますね。



ワイトレを外します。
ブレーキを踏んでくれる助手もいないので、
ジャッキ棒で引っ掛けてハブを固定して取ります。



取れたんですが、ローターを見て下さい。
4/5穴のマルチ?



ボールジョイントリムーバーでワイトレのハブボルトを抜きます。



簡単に外れました。



しかし、予想通りですが、
日産車用のハブボルトがワイトレに合うわけもなく、



ガバガバでした。

そのうちサイズの一致するハブボルトを入手しようと思います。
それまではフロントに、予備のワイトレを付けておくことにします。








posted by U-$ke at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハブボルト交換(リア)

右リアのハブボルトが1本逝ってしまいました。



この際、ハブボルトすべてを交換する勢いで1台分購入。
協永産業さんの10mmロングハブボルト。
サイズはM12×1.25(日産車用)

ついでにホイールナットも入手。
相互リンクして頂いているPS13 LABORATORYさんの
『ハブボルト交換』を拝見していたら、
少しでもナットがサビないように袋ナットを採用していたのを
マネさせて頂きました。



早速、キャリパーを外しましょう。
2つのボルトを緩め、矢印の方向へ抜きます。



するとシリンダーボデー(キャリパーASSY)が手で簡単に引き抜けます。
※サイドはフリーにして下さい。



次にトルクメンバーとブレーキパッドを外します。



これも2つのボルトを緩め、矢印の方向へ抜きます。



手で引き上げると簡単に外れます。




ローターを外すのですが、固着していてビクともしません。
(余談ですが、はじめからハブキャップがありません。)



ハブにボルト穴が2カ所開いているのを確認できると思いますが、
ここにボルト(確かM8)をねじ込んでいくと簡単にローターが取れます。



取れました。



いよいよハブボルトを外します。



ボールジョイントリムーバーを使用して外していきます。

※整備書にも記載されていますが、
 ハンマーなどで叩いて取り外すのは止めましょう。



こんな感じにセットし、外していくのですが
取り外すハブボルトにテーパーナットを装着するのが良いそうです。
※ボールジョイントリムーバーがハブボルト先端を傷つけない様に

ですが、既存のハブボルトを再利用する予定はないので、
テーパーナットなしで外すことにします。



ボールジョイントリムーバーのボルトを締めていくと、
本来は「パンッ!」という勢いの良い音と共にハブボルトが
抜けるはずなんですが、途中で止まっちゃいました。

これはボールジョイントリムーバーのハブボルトと接する位置が
悪く、ハブボルトの先端が曲がってしまったのが原因です。



しかたないので、これらで取りました。



ボールジョイントリムーバーが必要以上にくい込み、
ハブに傷がついてしまいました!



交換するボルトと比べてみました。



そして新品のハブボルトを取り付けます。

まずはハブボルトの根元にモリブデングリスを塗っておきます。




ハブボルトを差し込みます。



手ではここまでしか入りませんので、



ホイールナットで締めつけ、ハブボルトを入れていきます。

この時、ハブとホイールナットの間にワッシャーなどをかまして、
ハブボルトがハブに対し垂直になるようにします。



適当なワッシャーが無かったので、これを使用しました。



レンチなどで締めつけていくのですが、
あっという間にハブが回ってしまい、締めつけが困難になります。
よって、キャリパーを元に戻し、



サイドを掛けます。



ナットを締めつけていくと、
これ以上回らないという状態になります。

再度キャリパーを外してハブの裏側を見ると、
もう1mmくらい入りそうな感じです。



既存のハブボルトの裏を見ると、
ちょっと分かりにくいですが新規ボルトより前に出ているように見えます。



もう一度、新旧ハブボルトを比較してみると、
写真を加工したお陰で分かりづらいのですが、
交換したボルトの根元の方が約1mmほど長いことが分かります。

ということで、問題ないと思います。。



他の3本も交換します。
今度は一度にまとめていきます。



他3本はすんなりと外れてくれました。
外れる瞬間の音に少しビックリするのは私だけでしょうか?



外したボルト達。
これまでよく頑張った。



ハブボルト3本を差し込み、キャリパー類を戻します。



そしてハブボルトの押し込み。



完了したら、ハブから出ている分の長さをそれぞれ比較してみます。




問題なさそうです。



とりあえず右リアは完了しました。
他の箇所はそのうち換えます。






posted by U-$ke at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 足周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

ハブボルト修正

安っぽいロックナットのおかげで、
ハブボルトにホイールナットが入らなくなってしまった。
※ロックナットじゃなくて自分のせいです。



パーツクリーナー吹いて



チリを掃う。



ボル子「私、キレイにしてもらいました。」
ボル子「でもホイールナットが入らないの。」



ネジ直志「はじめまして、私がネジ山修正器です。」

ストレートにハブボルトを注文しに行った時に、
今後使うシーンがあるだろうと買ってしまいました。



合計8面を使用することができます。
使用する面とは反対の部分に赤いブーツを差し込むことで
グリップになります。

ちなみに対応ピッチサイズは以下
0.75、1.0、1.25、1.5、1.75、2.0、2.5、3.0 (mm)



日産車のハブボルトのネジピッチは1.25なので、この面を使用します



ヤスリがけしている写真はないんですが、
ある程度やった後の写真です。



修正前はあまり入りませんでしたが、
ごらんの通りここまで入るようになりました。

もう少し修正を続けたら入りそうですが、
いずれにせよハブボルトは交換するので、このくらいにしておきます。






posted by U-$ke at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

ブレーキフルード交換

面倒なので、前後ジャッキアップ。
余談ですが、駐車場がジャリの場合は気をつけましょう。

私はジャリの駐車場になってから、
まず勝手にジャリを後ろ側に追いやりました。
ウマを三脚のものから四脚のものに替え、ウマの下にはぺニア板を敷いてます。

そして、画像見ても分かるのですが、
タイヤが車体下に入らないくらいのジャッキアップの場合、
保険としてパンダジャッキをサイドにかましています。



今回使用するブレーキフルードです。

ワコーズ派な私なんですが、
某ショップの店員さんに強く勧められちゃいました。
ちなみに店員さんはシビックでグリップやってるそうです。



マスターシリンダーのリザーバータンクを開けてみました。
汚い・・・。
新しいフルードの色は透明で、劣化するとこの様な色になっていきますね。

ちなみに使ったことはないんですが、ビリオンのフルードの色は青というのは
有名ですよね。劣化した時の色はどんな感じなんでしょう?



フィルタを取りました。
フィルタはキレイな場所に置いておきましょう。
これからフルードを注入する時以外はホコリなどが混入しないよう
キャップをしておきます。

この時点でタンク内の劣化した少量のフルードを取っておいたりします。
サクションガン(注射のようなもの)で抽出するもよし。
無ければ液体ソープ用容器のポンプ部分が代用になります。

キレイなペーパーなどにフルードを染み込ませるという手もあるようです。



いよいよブレーキフルード(劣化した)の排出です。
排出場所は合計4ヵ所です。
各車輪のキャリパーにあるブリーダーと呼ばれる場所から排出します。

排出する順番があるのですが、
基本的にマスターシリンダーから1番遠いところから排出します。
よって順番は、左リア⇒右リア⇒左フロント⇒右フロント。

ASTRO PRODUCTSさんのワンマンブリーダータンクを使用します。
画像には写っていませんが、これにはワンウェイバルブが付いており、
一度排出した液の逆流を防ぎます。
(これを購入する前はホームセンターなどで入手できる水槽用のものを
使っていましたが、フルードにより溶ける?兎に角、1回の使用くらいで壊れてました。)

その名の通り、ワンマンで出来ちゃうんですが、
今回は嫁の手が空いているので、お手伝いしてもらいます。



画像は左リアです。
ワンマンブリーダーのホースに、逆にククったタイラップを通しておきます。
そして、メガネなどをブリーダーに掛けてからホースを差し込みます。

私はメガネではなくフレアナットレンチというブレーキ周り専用の工具を使ってみました。
これもASTRO PRODUCTSさんで入手しました。
ブレーキホースの交換時などに役立ちます。

それでは嫁にブレーキを踏む係になってもらいます。
私がブリーダーを緩め、嫁がブレーキを踏みます。

1と2は普通に、3でじわ〜っと踏みます。
整備書には『ブレーキペダルを数回踏みブレーキ液を抜く』としか
書いてませんが、私は上のやり方でやってます。



ホース内のフルード色を確認しながら、(キレイなフルードが出てくるか)
リザーバータンクのフルードの容量に細心の注意を払っておきます。
タンクのフルードが空になってエアが入ったらエア抜きが大変だそうです。



こまめに確認し、フルードが不足していたら、注ぎ足しましょう。



ホース内にキレイなフルードが流れてきたら、
(私的にはこれが分かりづらいんですけど)
ブレーキを踏むリズムの3でじわっと踏んでもらっている状態で、
ワンウェイバルブのブリーダー側にエアがなければ、
ブリーダーをしめます。
次の場所に行く前に、今作業した場所をブレーキクリーナーなどで
掃除しておきましょう。
ブレーキフルードは塗装を溶かしますから。

他の3ヵ所も上述と同様の作業を行い、
最後にリザーバータンクのMAXの位置までフルードを注ぎ終了。





posted by U-$ke at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセルペダルがグラグラ

かなり前からなんですが、
アクセルペダルがグラグラして気持ち悪い。

踏むとワイヤーの張りはしっかり感じられる。
ペダル周りに問題があるのか?
軽くチェックするも、特に問題はなさそう。

アクセルワイヤーをチェックするも
スロットルと合わせた動きも問題なさそう。

どちらかというとワイヤーもペダル側に張ってるし。



何となくアクセルペダルとワイヤーの結合部分を見てみると・・
アクセルペダルのストッパー?が異常に下を向いている。



試しに手で少し起こしてみた。



そして、アクセルペダルの下に足を入れ、入れた足を上げてみる。
ストッパーに当たらない。まだ起こしが足りない様子。



更に起こしてみたところ、無事ストッパーにキレイに当たるようになり、
ペダルのグラつきがなくなりました。

何でこんな状態になってたのやら?





posted by U-$ke at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

エアバルブ交換

少し前まで、これをフロントに履いていたんですが、
どうもエア漏れしてる様子。

試しにエアを2.4K入れ、1日置きました。



すると、ご覧の通り減ってます。



それもそのはず、エクステンションエアーバルブがグラグラでした。



締め直せばいいだけなんですが、
先日たまたま"タイヤバルブ装着ツール"と"エアバルブ(ショート)"を購入したので
エアバルブを交換しようと思います。



まずタイヤを外しました。



そしてバルブの裏側を見ると、やはりゆるゆるです。



ナット2つを外します。



適当なものを押しつけて、



外れました。



エクステンションエアーバルブが外れました。



次に"タイヤバルブ装着ツール"を使用する準備をします。

まずスティック状の部分を『スティック』、
スティック先端部分(スティックから独立している部分)を『ポイント』、
最後にスティックに納まっていたコム部分を『ラバー』とここでは呼ぶことにします。



交換するエアバルブのアップです。
バルブキャップと金属部分を外します。



先ほどまでエクステンションエアーバルブが納まっていた穴に
新しいエアバルブを挿入します。



裏側はこんな感じです。



手では装着できないので"タイヤバルブ装着ツール"の登場です。

まず"ポイント"をエアバルブにネジ込みます。



ホイールの位置を換えて作業します。

アウターリム?に"ラバー"を置き、
"スティック"を"ポイント"に引っかけて、



"ラバー"を支点としてテコの原理でエアバルブを引っぱります。



力が入るように角度を変えてみたりして



付きました。



反対側の様子。



そしてエアを入れます。



2.4Kほど入れました。



バルブキャップを装着して完了です。



そして翌日、エア漏れはありませんでした。
少し様子を見てみようと思います。






posted by U-$ke at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイヤ・ホイール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイヤのパンク修理

この前の走行会の往路でパンクした、17インチのネオバ(AD-07・旧モデル)。

見事にビスが刺さっているわけですが、
このバリ山のネオバをどうにか復活させてみることにします。



早速、パンク修理キットを購入しました。
ちなみに私が購入したのは、店にあった2種のうちの安価な方です。



まず、刺さっているビスを取り除きます。
案の定、プラスドライバーでは抜けるわけもなく、



結局ペンチで抜くことになります。




これが刺さっていたビスです。



これが傷穴。




次に、作業しやすいようにタイヤを一面だけ外しました。

本来はタイヤのエアを通常の1/3くらいにして作業するようですが、
今回は内側の様子が気になるので、あえて外してみました。



ようやくリペアキットの出番です。

定番のワインオープナーの様なものが画像内にありますが、
手で持つ部分を『ハンドル』、
ドリル形状の方を『リーマ』と呼びます。

リーマは単体部品であり、ハンドルから外すことができます。
画像を見ると分かりますが、ハンドルとリーマの結合部分辺りに
六角レンチ用のへこみが確認できます。

それではリーマに『ラバーセメント』をたっぷり塗ります。
※ラバーセメントとは、貼ってはがせるゴムのりのことで、
 手品などにもよく利用されるようです。



次にリーマを傷穴に差し込んでいきます。
※傷穴をならすようにハンドルを回転させながら差し込みます。



リーマを抜くわけですが、
この時、抜く穴からラバーセメントが漏れない様に
リーマに指をあてながらリーマを抜きます。



傷穴内部にラバーセメントがしっかり浸透するように、
再度、"リーマにラバーセメントを塗る⇒リーマを傷穴に差す⇒
リーマを抜く"までを行います。



ハンドルからリーマを外し、『インサートブレード』を取り付けます。



これが『インサートブレード』拡大画像。



これは『ストリング』と呼ばれるものです。
"タイヤパンク修理ゴム材"と言ったほうが分かりやすいですね。



ストリングをインサートブレードに通します。



ストリングを画像のように曲げます。



そして、ストリングにラバーセメントをたっぷり塗ります。



ストリングを傷穴に差し込むのですが、
まず、インサートブレードの先端を傷穴にあて、
垂直に差し込みます。



インサートブレードを抜きます。



30分ほど放置し、ラバーセメントが固まるのを待ちます。



タイヤ内側からのショットです。
しっかり埋まってそうです。(多分・・)



余分なストリングを切り落として作業完了です。
※タイヤ面から2〜3mm残るように切る



もう少し切ってもいい気がします。



いよいよエアを入れます。
とりあえず2.4Kほど入れました。



そして翌日。
とりあえずエア漏れはありませんでした。
あとは走ってみないと分かりませんね。

普段履きにするのはコワイので、
走行会専用にする予定です。

でも少しは走ってみますので、
その結果は後日ご報告します。





posted by U-$ke at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイヤ・ホイール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

600mmのタイヤレバー

行きつけの店でワゴンセールを発見しました!



600mmのタイヤレバー、重量感たっぷり。



早速、使ってみます。

この前の走行会で使ったタイヤを外します。



予想通りですが、取り回しがよろしくないです。
ここまでで、他のサイズのタイヤレバーも使ってしまいました。



こういう場面では活躍しますね。



後はタイヤを処分しに行かないと。。





posted by U-$ke at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。