2008年12月31日

フロントキャンバー角調整 Part.03

左右の車高が違いそうなので、
ちょっと調査。
左右のフェンダー上部にアングルをのせ、水平かどうか確認。



案の定、若干誤差がありました。



左右の車高調の各部長さを統一しても
車高が同じになるわけがありません。
車体自体のヨレ、重さが左右均等なわけもないし。
よって左右の車高が一致するように努力します。
右を基準にし、左側の車高を調整。
プリロードは変えずにブラケットで。



まず基準になるフロント右側のタイヤ接地面からフェンダーまでを測定。
(もちろんハブセンターを通るように心掛けて)



右側。



フロント左側の車高調整後に測定。
許容範囲でしょう。



左側。



左右のフェンダー上部にアングルをのせて
再度計測。
ほぼ水平でしょ?



左側のキャンバーを再調整。
前と同じ値。



今度はリアの左右の車高を同値になるように調整。
ドサマギに車高落としてついたネガキャンをおこしてみました。



左右の車高調整は完了。
後はキャンバー調整のみ。







posted by U-$ke at 03:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | アライメント調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フロントキャンバー角調整 Part.02

右フロントのキャンバー測定。



こう吊るしてます。



スレスレです。



関数が作成できる計算機。
EZアプリです。
これを使用して三角関数で角度を出します。



これは電卓画面です。
自作したプログラムを実行できる画面に遷移します。



画像では確認できませんが、計算機の数字ボタンが
割り当てているプログラム名になってました。
そこからP0を実行した画面。
最初に『upper』と表示されます。



ホイールフランジの上部と垂らした糸間の長さを測定。



出た値を入力。



今度は『lower』と表示されるので、
リムの下部と糸間の長さを測定。



これは撮影時にスケールがちょっと斜めってます。



正確な数値を入力。


最後に『distance』と表示されます。



ここはホイールの直径を入力。
(フロントは17インチ)



ネガティブです。



もうちょっとネガティブにしたいので、
調整します。
ジャッキアップして



アッパーマウントで角度調整。



再度計測して、
つけすぎた。



もう1回
まだまだ。



ほら、もう1度
許容範囲?



右が終わり、左側。
左右の車高が違ってる?
気になる気になる。
(後に車高を調整することになる)



こっち右。
違うでしょ?



とりあえず、簡易的にキャスター角を測定。



右、−9°。



左、−9°おっけ〜!



左側のキャンバーのMAX値(現状の車高で)がこれ。
もうちょい角度つけたいんですけど。



やむなしに右も左に合わせました。
ぴったり。



アッパーマウント左。
イン側MAX。



右は余裕あり。



前から見た右側。



前から見た左側。
毎日、寒いぜ。





posted by U-$ke at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アライメント調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

フロントキャンバー角調整 Part.01

フロントのキャンバーを調整します。
まずタイヤを浮かせて(ジャッキアップ)アッパーマウントで調整。



糸垂らして計算するんですが、
とりあえず大雑把に調整するので、水準器で測ります。



まず右側です。
−2.5°、ネガキャンです。



そして左側。



アッパーマウント部分を一番内側にしたんですが、
−2.0°が限界。
WHY?



よ〜く見たら、右側の車高と左側が違う!!
こっち右側。



これが左側。
車内の荷物のせいかな?
明日、調査します。





posted by U-$ke at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | アライメント調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

キャスター角調整 Part.02

左側です。
長さを基準値(321mm)に調整しました。



右側。
昨日のロックナットも緩み、
こちらも上に同じく調整しました。

はじめは外してから長さを調整し、
付けようとしましたが、当然付きませんでした。



ちょっと横道。

右フロントのタイヤハウス内。
購入当時から気になってるんですが、
このコーキング、板金隠しでしょうか?



裏側(エンジンルーム)も。



ウォッシャータンクについていたであろうホース。
そのうちウォッシャータンク自作してみます。



テンションロッドで思い出しましたが、
この前、スーパーオートバックスに行ったときに
URAS(ユーラス)のコーナーにあったテンションロッドが
えらい太かったです。

それがこのURASのピ露天
今のがダメになったら、これ試してみます。



本線に戻ります。
左右のロックナットを締めて完了です。
左右のキャスター角は測り忘れました。
明日ということで。





posted by U-$ke at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | アライメント調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

キャスター角調整 Part.01

はじめに、あまりにも左右のトーが違うので、
先にちょっと調整。



右フロントのトーアウトが0に近づきました。



テンションロッドの長さも左右違いました。
これまた基準値に調整します。
こっちが左。



こっちが右。



右、拡大。



ロアアーム側のロックナットがえらい固くて回りません。



左側のロックナットはなんとか緩みました。
右側は明日に持ち越し。





posted by U-$ke at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | アライメント調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンジンオイル注入

オイルクーラーのブロックは暫定的にこんな感じで固定しました。



オイルフィルター付けます。



付きました。
前から思ってたんだけど、13シルビアのときより
ここら辺のクリアランスが取れるような気がする。



エンジンオイル入れます。
よ〜〜く振って。



ジョッキに入れます。



何か独特な感じ。



オイル入れる前にドレンプラグを交換します。
左がストックしていたやつで、
右がストックが無くなると思って最近購入したやつ。
最近買ったやつが何か違う。
買う前からこんなんだったっけか?と思ってましたが・・。
後ろにシルビアと記載されてるが・・。



外したドレンプラグ。



やっぱり46番が正解。
42番は多分CA用だったんでしょう。



オイル入れて、おしまい。





posted by U-$ke at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

オイルクーラー取り付け Part 2/3

昨日の続きです。
ここ、まだ留めてません。



上から見たオイルクーラー。



ここからボルトを通します。



メガネにボルト付けて。



先ほどの穴に入れて、



ほら、通った。
(結構時間掛かりました)



また下からの風景。



右上。
ちょっと無理やり。



右下。
お決まりのタイラップ。



左下。
ここはボルトオン。



左上。
ここは大変でした。
メガネで穴にボルトを通した状態で、
メガネを固定し、ナットを付ける。
案外時間喰いました。



ホースをまとめます。
タイラップ使用しましたが、熱にやられるかも。
暫定ということで、次回まで手を考えておきます。





タイヤに当たらないようにしないと・・。
まだ未確認です。



ラムコのブロック付けました。



オイルクーラーの方のブロックはクリアランスが確保できず
付きませんでした。

正規の取り付けだとホースがオルタネーターの横?を通りますが、
あれは嫌なので今回はブロックは付けません。
それにやはりオイルブロック2重は不安なので、止めておきます。

余裕が出たらオイルエレメント移設キット買います。
結局、オイルクーラーは保留ということで。





posted by U-$ke at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 冷却周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

オイルクーラー取り付け Part 1/3

めっちゃスローペースです。
だって寒いんだもん。

昨日交換したオルタネーター。



下アングルから。



元ウォッシャータンクがあった場所に付けました。
というか、まだ取り付け途中の段階です。
やはり適当に買ったステーだけでは取り付けられませんでした。



さーて、ブロックに油温センサー付けるぞ〜!



シールして、



え〜〜っ!?
付かない!
とりあえず今日はここでタイムアップ。

SRのオイルブロックは弱いので有名ですから
本当は危険ですが、センサー変換アタッチメントを入手するまで
暫定でブロック2重で行きます。
というか、フィルター移設式にしたい〜。





posted by U-$ke at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 冷却周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

オルタネータ交換

だらだらと作業してますが、
残すはオイルクーラー取り付けとアライメントなどなど。
オイルクーラー取り付けのために適当に買ってきたステー。



オイルフィルター外します。
13シルビアのときより、ここら辺のスペースがあるような・・。



はい。外れました。
君はいつから付いていたのかな?



今回交換するオルタネーター。
前の車の時にリビルド品に交換して
2000kmも使用してないので結構新しいです。



これから外すやつ。
この前のオイル漏れ騒動でベトベト。



交換しつつ、オイル汚れをこれで掃除していきます。
パーツクリーナーには違いないが「油落とし」。
においも普通のパーツクリーナーと違い、独特の香り。
ちなみにコーナンで198円でした。



最初から付いていた「漏れるので有名?」なラムコのオイルブロック。



オルタネーター外して、交換するものと比較。
左が交換するやつで右が取り外したほう。



この後、新しいオルタネーターを取り付け、
オイルクーラーのコアを元ウォッシャータンクがあった場所に
中途半端に仮止め。
やっぱりステー要追加購入。
これで今日の作業は終了。

写真撮る余裕なくて撮ってません。
それにしても寒いわ〜。




posted by U-$ke at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電装周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

フラッシング

昨日のパテ。
カッチカチやぞ、ゾックゾクするやろ!

ヤスリ掛けは今度。



オイル交換開始。
エンジン暖めて、既存のオイルを排出。



上を開けると出がよくなりますね。



フラッシングオイルを用意。



注入します。



3.6ℓ入れました。
案の定、入れすぎ。
いつものこと・・・。



再度、エンジン暖気中に先ほどのオイルを処理します。
それにしても、いつもながら黒々。



コストコで買ってきた廃油処理箱に入れます。



はい、完了。



今度はフラッシングオイルを抜きます。



これまた真っ黒!
こいつも廃油処理箱に行きました。



オイルクーラー付けようと思ったけど、
前置ICのせいで付けられん。



やっぱりここか?
前から気になっていたが、
ここにウォッシャータンクがない。
どこ行っちゃったんだろう。





posted by U-$ke at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。